W杯の合間に便利なロンTを…

ケアーの代役は誰に?ミランのCB補強候補は…

目次

本命はミレンコビッチ?

ミランはシモン・ケアーの長期離脱が決まった。3日付『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、代役候補の名前を挙げている。

●ミラン、ケアーは6カ月離脱 インテルもエール

同紙はまず、ミランが以前から興味を持っているフィオレンティーナのニコラ・ミレンコビッチを挙げた。24歳の同選手は、1500万ユーロの契約解除条項があるため、引き抜きのチャンスがある。

ラツィオのルイス・フェリペも候補の一人のようだ。こちらは2022年で契約が満了予定のため、好機かもしれない。

また、もっと安く済ませるのであれば、ヴェネツィアにレンタルしているマッティア・カルダーラを呼び戻すアイディアもある。ただ、こちらは両クラブともあまり乗り気ではないそうだ。

ミランが若手主体という方針に沿っていくなら、モナコのブノワ・バディアシルという選択肢も。ただし、20歳と若いため、評価額は3000万ユーロとなっている。

チューリッヒの19歳、ベチル・オメラジッチは1200万ユーロ程度で獲得可能とみられており、リストに含まれるかもしれない。

『ガゼッタ』はまだ仮説の段階だとしているが、この中にミランの新戦力はいるだろうか。

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次