5/20 アパレル第2弾!

「最初は誰も走らなかった」 イブラヒモビッチがミランを立て直した方法は?

目次

「オレが出し切ったら、みんなそうした。ただ一人除いて」

ミランのズラタン・イブラヒモビッチが、新たな自叙伝『アドレナリーナ』を出版する。『コッリエレ・デッラ・セーラ』でミラン行きについて説明した。

「アメリカで疲れていたんだ。引退しようと思っていた。ミノは『イカれてるのか?君はイタリアに戻らないといけない』と言ったよ」

ナポリでの物語が終わったあと、ミノとどこか悪いチームはあるか。オレが変えられるチームはあるか、って話をした。『ミランが昨日、アタランタに0-5で負けたぞ』と言われて、『よしミランへ行こう。オレが知っているクラブだし、好きな街だ』ということになった」

「最初は練習で誰も走らなかった。オレは眺めるだけじゃなく、一人ひとりと向き合った。練習は出し切ってナンボだ。オレが走り、出し切ったら、チームメートはオレのように走り、ヘトヘトになるまでやった」

「みんながそうしたよ。ただ一人を除いてね。それがレオンだ。レオンは最初、オレにあまり興味を持っていなかった。彼は自分でそこまで達した。それで実際に大きく改善したね」

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる