ミラン、注目の若手FWルッカを1月に確保の可能性も

スポンサーリンク
ミラン
スポンサーリンク

ミランがピサのロレンツォ・ルッカへの関心を強めているという。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が10日に伝えた。

ルッカは今シーズン、セリエBでブレーク中の若手。その活躍には、インテルやユヴェントスも関心を示していると言われている。ミランも2メートル1センチの大物FWに興味津々だという。

ステファノ・ピオリ監督もルッカには注目している模様。ミランに大きなものをもたらしているとはいえ、ズラタン・イブラヒモビッチの今シーズンの出場時間は短い。ピエトロ・ペッレグリはまだポテンシャルを十分にみせているとは言いがたい。さらに、ロレンツォ・コロンボもレンタル先のSPALで成長中だ。それでも、ミランは1月の選択肢としてチェックしているようだ。

ピサはルッカの市場価値を1000万ユーロとしている模様。これからさらに価格が跳ね上がることも考えられるだけに、今後の動きに注目だ。