途中出場で1ゴール1アシストのテオ・エルナンデス「目標はスクデット」【ミラン対ヴェネツィア】

スポンサーリンク
ミラン
スポンサーリンク

ミランは22日、セリエA第5節のヴェネツィア戦で2-0の勝利を収めた。テオ・エルナンデスが試合後、『スカイ』や『DANZイタリア』でコメントを残している。『MilanNews』が伝えた。

ターンオーバーでベンチスタートとなったテオ・エルナンデスは、0-0で迎えた後半途中から出場。1ゴール1アシストでチームを勝利に導く働きを見せている。

「ゴール、アシスト、ブラヒムとのバレエのどれが良かったかって? 全部だよ。ブラヒムとはロッカーで話していたんだ。ゴールを決めたらバレエをしようってね。それでああなったんだ。僕のゴールについては、ほぼベナセルのゴールみたいなものだね」

「目標はチャンピオンズリーグ? いや、もっとだよ。スクデットを目指して戦わないとね」

「ヴェネツィアとの試合が簡単じゃないことは分かってた。僕たちはタフな試合が続いていたし、ミステルは少し休息をくれた。僕はベストを尽くすつもりで入ったよ」