「ミランで活躍するにはもうワンステップ必要」 コロンボ、SPALでの成長を誓う

スポンサーリンク
ミラン
スポンサーリンク

ミランからSPALにレンタルで加わったFWロレンツォ・コロンボが記者会見に臨んだ。その様子を『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

ミランの下部組織で育ったコロンボは現在19歳。昨シーズン後半戦はクレモネーゼで経験を積み、今シーズンはSPALへ行くことになった。

コロンボはレンタル先での成長を誓い、次のように語っている。

「ここの人はすぐに僕を納得させてくれたから、最初からSPALへ行くことを望んだよ。上位にいけるチームだ。アグレッシブでハイプレスのスタイルは、僕にとって合っているね。チームで一丸となって取り組むことで、一緒に大きな満足をつかめると思う」

「僕はバティストゥータに憧れている。少しプレッシャーもあるけど、自分自身に期待しているところもあるね」

「僕とピオリは、良い感じで別れた。これから先ミランのユニフォームを着るには、もうワンステップ必要だというのが、僕たち両方の見解だ」

「史上最強のストライカーの一人であるイブラヒモビッチとの練習は、誇らしいことだね。常にみんなにベストを要求する素晴らしい選手だ。僕はいろいろな選手から影響を受けている。そのみんなから、何かを盗めたらと思っているよ」