ミランの10番はまた外国人に。ブラヒム・ディアスの“先輩”たちの数字は…

スポンサーリンク
ミラン
スポンサーリンク

ミランは19日、ブラヒム・ディアスの加入を発表した。背番号は「10」に決定している。

今夏、ミランはハカン・チャルハノールが契約満了で退団。これで空いた10番を、ブラヒム・ディアスが着ることになる。

ミランにおいて10番は外国人選手の番号にも見える。実際、最後にイタリア人がミランの10番を着たのは、94-95のデメトリオ・アルベルティーニだ。

1995年以降のミランの10番は以下のとおり。

デヤン・サビチェビッチ(95-98)
52試合
11ゴール
19アシスト

ズボニミール・ボバン(98-01)
79試合
11ゴール
11アシスト

マヌエル・ルイ・コスタ(01-06)
192試合
11ゴール
47アシスト

クラレンス・セードルフ(06-12)
241試合
40ゴール
40アシスト

ケヴィン=プリンス・ボアテング(12-14)
39試合
5ゴール
7アシスト

本田圭佑(14-17)
92試合
11ゴール
16アシスト

ハカン・チャルハノール(17-21)
172試合
32ゴール
48アシスト