ユヴェントス戦に燃えるピオリ「ドンナルンマと話した。ミランは試合に集中している」

スポンサーリンク
ミラン
スポンサーリンク

ミランのステファノ・ピオリ監督が8日、ユヴェントス戦の前日会見に臨んだ。その中でGKジャンルイジ・ドンナルンマについて語っている。『スポルトメディアセット』などが伝えた。

ミランの若き守護神は今シーズンで満了する契約をまだ更新していない。新天地候補として挙がっているのはユヴェントスで、8日の試合は勝った方が来シーズンのチャンピオンズリーグ出場に大きく近づく一戦。ミランのティフォージは、契約延長に応じないならユヴェントス戦に出場するなという声もあがっている。

しかし、ピオリ監督はドンナルンマら選手たちが集中していると強調した。

「この時期において、ミランも選手たちも、一つの目標しかない。個人のことに興味はない」

「私は選手たちのプロ意識に疑いがない。我々は怠け者の集団ではなく、このユニフォームのために最後まで汗をかき続ける集団だ。将来ことは分からない。ただ、我々は明日の試合とカンピオナートに集中している」

「私は彼と話した。ほかの選手と同じようにね。我々は明日の試合について話した。そこにみんな集中しているよ」