ピオリ「アプローチが良くなかった」。メンバー選びについては「ポジションや選手の問題ではない」

ミラン

ミランは3日、セリエA第29節でサンプドリアと対戦し、1-1で引き分けた。ステファノ・ピオリ監督が試合後、記者会見や『ミランTV』でコメントを残している。『MilanNews』が伝えた。

今日は良くなかった

「最後のケシエのが決まっていたらというのはあるが、完全に同意だ。リズムがないプレーであまりにも少なかった。アプローチが良くなかった」

何が機能しなかったのか

「試合に対して良いアプローチができなかった。それで自分たちを難しくしてしまった。メンタル面ですぐに入れないと、試合の難易度は上がってしまう」

ホームで苦戦する理由は?

「今日はそうだった。ただ、いつもじゃない。マンチェスター・ユナイテッド戦はホームで正しい姿勢だったはずだ。とはいえ、今日はうまくいかなかったことは確かで、その代償は高くついた」

途中出場で同点弾のイェンス・ペッター・ハウゲ

「イェンスの自信になることを願っている。チームにとって大きなゴールを決めてくれた」

メンバー選びについて

「代表でプレーした選手たちを考慮しての選択だ。全ては批判の対象だ。このパフォーマンスのあとでは、ポジションや選手の問題ではない。チームは普段のレベルのプレーをしなかった」

アレクシス・サレマーカーズのサイドバック起用

「そこでやれる良い特長があると思う。もっと攻撃的にいけると思っていた。そして、サイドからクオリティを発揮していけると考えた」

先制点を決めたクアリアレッラの談話