カラブリア「マルディーニのミランが僕の基準」

ミラン

ミランのダヴィデ・カラブリアが3日、クラブのTwitch公式チャンネルでインタビューに応じた。『MilanNews』などが取り上げている。

ヴィエリ、カッサーノ、アダーニが君を称賛していた。

「自分で聞いてはいないけど、彼らがそういった話をしてくれたならうれしいよ。彼らは偉大な選手だった。僕はまだ始まったばかりで、まだまだやるべきことがあるけどね」

ポジションについて

「カルチョは進化したと思う。グアルディオラのバルセロナがきっかけになった。戦術はあるけど、アクションの中でポジションは関係ない。サイドバックだろうと、上がっていけばFWのようになる。もちろん、規律は守るのが大事だけどね。カルチョは進化してよりスピーディーになったと思うよ」

一番タフな相手

「チームとしてはたくさんある。美しいカンピオナートになっているね。僅差の中にたくさんのチームがいる。1試合で順位が大きく動くかもしれない。選手としては、たくさんいすぎて挙げきれないよ。セリエAにはすごい選手がたくさんいるね」

ミランはどれほど優れている?

「すごく良いよ。僕たちは素晴らしいチームだ。犠牲の精神があって、それは厳しいときも変わらない。1年以上順調にやってこられているのは偶然じゃないね。それぞれが自分の価値を示そうとしている。ただ、ミランはまだ始まったばかりで、まだまだやるべきことはたくさんある。僕たちはハッピーだけど、まだスタートしたばかりだ」

今シーズン最も絆を深めたのは?

「ダニエル・マルディーニだね。彼はすごく伸びている。前から知っているけど、今は一緒にトップチームにいるから、いろいろなことが言えるね」

トモリの印象は?

「彼のことは知らなかったんだけど、選手として優秀で、良いパーソナリティがある。ビッグクラブからやってきたね。とてもアグレッシブで、僕たちのスタイルにマッチするはずだ。うまくやれると思うよ。ボローニャ戦でも見事だったしね」

インスピレーションを受けた選手は?

「僕はミランで育って、マルディーニがいた。選手としてずっと追ってきたわけじゃないね。ただ、それぞれがユニークで、誰か一人を、ってことじゃなかった。ただ、一人の男として、人間として、チームとして、マルディーニのミランが僕にとっての基準だった。一人のミランのティフォージとして、その流れに抗うことはできなかった。カンピオーネたちのグループだったね」

試合前の集中方法は?

「自分のプレイリストを聴いている。いろいろなジャンルがあるんだ。音楽を聴きながら、試合中の動きをいろいろとイメージするんだ。僕たちは映像でチェックしていることがあるしね」

次のゴールはTwitchに捧げてくれる?

「もちろんだよ。次の日曜日にでもそうしたいね。累積リーチだったら、ユニフォームを脱ぐかもね(笑)。なにかないかな。TwitchのTでもやろうかな」

Amazon Music - チョコレートプラネットのTT体操 - Amazon.co.jp
Amazon MusicでチョコレートプラネットのTT体操 をチェック。Amazon.co.jpにてストリーミング、CD、またはダウンロードでお楽しみください。
(ラッパーデビューした)ラファエル・レオンのアルバムは聴いた?

「まだだけど、聴くつもりだよ。試合前に聴くようなものじゃないだろうけど、家とミラネッロの行き来なら聴くかもね(笑)」