ミラン、ボローニャ戦はケアーとディアスが不在に

ミラン

ミランは次節ボローニャ戦でもメンバーに不安を抱えることになりそうだ。『コッリエレ・デッロ・スポルト』などが伝えている。

27日、ミランはインテル戦で負傷したシモン・ケアーとブラヒム・ディアスが検査を受けた。前者は左の大腿直筋を痛めており、1週間後をめどに再検査の予定に。ブラヒム・ディアスは左大腿屈筋の問題で、すでに適切な治療を始めているとのことだ。

マリオ・マンジュキッチ、サンドロ・トナーリ、マッテオ・ガッビアが不在のミラン。ハカン・チャルハノールとイスマエル・ベナセルの復帰が近いとは言え、厳しい台所事情が続いている。