ミラン、チャルハノール契約延長に自信。メイテは「来週どうなるか」。トリノSDは関心認める

ミラン

ミランのスポーツディレクターであるフレデリク・マッサーラ氏が9日、トリノ戦の前に『DAZNイタリア』でコメントを残した。『MilanNews』が伝えている。

マッサーラ氏は、ハカン・チャルハノールの契約延長について、次のように話した。

「我々は自信がある。有益な話し合いができている。できるだけ早く良いニュースができるといいね」

また、獲得が噂されるソアリオ・メイテモハメド・シマカンにも触れた。

「様々な名前が出ている。我々はいろいろなポジションを検討し、監督とも話し合っている。チームに融合できるかとチェックしている。メルカートはまだ長い。来週どうなるかみてみよう」

ステファノ・ピオリ監督は試合後、『スカイ』でメイテについてコメントを求められている。

「答えるべきは私ではない。クラブを良くする機会があれば、クラブが動くだろう。良い選手だね。ただ、私は知らないし、彼を指導していない。だから私が判断することはできない」

『ANSA通信』は、トリノのスポーツディレクターであるダヴィデ・ヴァニャーティ氏の談話を伝えた。

「(ミランは)彼に注目しているクラブの一つだ。これから数日でどのようになるか分かるだろう。メイテは多くの関心を集めている選手で、ほかのクラブも興味を持っている。つまり、トリノで良いプレーをしているということだ」