ケガを嘆くピオリ、スクデットへの意欲は…「2位? 私がサインをするのは…」【ミラン対パルマ】

ミラン

ミランは13日、セリエA第11節のパルマ戦を2-2の引き分けで終えた。ステファノ・ピオリ監督が試合後、『スカイ』にコメントを残している。『MilanNews』が伝えた。

「ケガが出てしまった。ガッビアとベナセルは残念だ。試合に良いアプローチができなかった。少し入りがソフトになってしまい、それで試合が難しくなった。もっと早く追いつくこともできただろう。ただ、ハートと意欲はあった。それで挽回することができたね」

「我々は勝利のためにプレーし、そのチャンスがあった。ただ、ゴール前で少しミスがあったんだ。前半はうまくやれた。後半はそこまでではなかったが、うまくいった。スピリットを前面に出して多くの選手がゴール前に入っていったね」

「ズラタンがいれば、我々は非常に強い。ただ、今日のチームもたくさんのチャンスをつくっていた。レビッチはより裏をつく選手だ。ズラタンなしでもチームは良くやっている。それは大事な側面だ」

「チームはしっかり準備できている。ヨーロッパリーグで多くの変更をしたからね。フィジカル面の問題はなかった。ただ、負傷がちょっと多すぎる。それにより解決策が限られてしまっている」

「1月のメルカートでチームを改善するのは簡単ではないだろう。我々は確かな価値を持っているが、もっと必要であれば、我々は動く準備がある」

「ミランは長年チャンピオンズリーグに出ていない。今は5位でサインをするつもりはない。チームは野心的で、どことでも対等に戦えることを示している。2位ならサインするか? 私がサインをするのは契約延長にだけだよ」