初采配を白星で飾ったボネーラ、スクデットの話は「早すぎる」

ミラン

ミランは22日、敵地でのナポリ戦に2-1で勝利した。この試合で指揮を執ったダニエレ・ボネーラが試合後、『ミランTV』や『スカイ』でコメントを残している。

価値ある勝利

「とても喜んでいる。このチームはどんな相手とでも戦えることを本当の意味で示し始めた。大きな何かを構築しているという認識があるよ」

ナポリを封じた

「攻撃的なポジションに多くの攻撃的な選手を置いてくることは分かっていた。しっかり準備してきたよ」

ステファノ・ピオリ

「ビデオチャットで話した。選手たちは喜んでいたし、彼もそうだった。早く戻ってこられるといいね」

交代について

「家にいるミステルと相談した。アンテは警告を受けていて、アレクシスは足首をやっていたから、サイドの選手が必要だったんだ。カスティジェホとハウゲがフレッシュさを与えたね」

スクデット

「この勝利は大きい。正しい方向に向かっている。ただ、5月のことを話すのはまだ早すぎるね」

「誰も過小評価はしない。ナポリは素晴らしいチームだ。これから本当に多くの試合が待っている。カンピオナートで優勝するために大きな投資をしているチームがいくつかある。我々はすぐに優勝するチームではない。少しずつ成長していく道だ。それはアドバンテージになり得るが、まだ早いね」