サッリが反論「議論の余地なし。プレーを続けたのはインテル」【ラツィオ対インテル】

スポンサーリンク
ラツィオ
スポンサーリンク

16日のセリエA第8節でインテルはラツィオと対戦し、1-3で敗れた。ラツィオのマウリツィオ・サッリ監督が試合後、『DAZNイタリア』で2点目に触れた。『TMW』が伝えている。

「ディマルコが倒れたとき、プレーを続けたのはインテルだ。誰かがボールを外に出すべきだったというなら、むこうがそうすべきだった。議論することなどない。1人倒れてプレーを続けたのはむこうで、我々はプレーを続けた」

「ルールははっきりしている。こんなシーンでああだこうだ言うのはイタリアだけだ。イングランドはプレーを続けるよ」

インテルのシモーネ・インザーギ監督は、「プレーを続けたのがインテル」という指摘について、こう話していた。

「ボールを持ったラウタロ・マルティネスは、前を向いていた。ディマルコが倒れているかどうかは分からない」