アニェッリ会長、サッリ続投は明言せず。「完全な分析を行い、熱意を持って新シーズンへ」【ユヴェントス対リヨン】

ユヴェントス

ユヴェントスは7日、チャンピオンズリーグ・ラウンド16でリヨンと対戦した。2試合合計2-2のアウェイゴール差で敗退が決まったあと、アンドレア・アニェッリ会長が試合後、『スカイ』でコメントを残している。

マウリツィオ・サッリ監督の去就が話題になっているユヴェントス。試合前に首脳陣は「サッリとともに進む」と語っていたものの、アニェッリ会長は評価対象だと認めている。

「成績は甘酸っぱい。難しいシーズンだった。9回連続のスクデットは素晴らしかった。その一方で、チャンピオンズリーグには悔しさがある。敗退には失望があるね」

「我々はこれからシーズンを評価する。完全な分析を行うために熟考する必要がある」

その中で、パリ・サンジェルマン行きの噂が出たクリスティアーノ・ロナウドの放出は否定。「クリスティアーノは我々の柱だ。ディレクター陣も高く評価している」と同会長は述べた。

「完全な評価を行い、熱意を持って次のシーズンの始まりを迎えなければいけない。全てのピッチで勝ちたいという意欲が必要だ。今年は本当に難しいシーズンだった。一つが変わると困難に直面したが、それでも9連覇を達成したね。我々はそれを誇りに思うべきだ」

ユヴェントスは7日、チャンピオンズリーグ・ラウンド16でリヨンと対戦した。2試合合計2-2のアウェイゴール差で敗退が決まったあと、アンドレア・アニェッリ会長が試合後、『スカイ』でコメントを残している。

マウリツィオ・サッリ監督の去就が話題になっているユヴェントス。試合前に首脳陣は「サッリとともに進む」と語っていたものの、アニェッリ会長は評価対象だと認めている。

「成績は甘酸っぱい。難しいシーズンだった。9回連続のスクデットは素晴らしかった。その一方で、チャンピオンズリーグには悔しさがある。敗退には失望があるね」

「我々はこれからシーズンを評価する。完全な分析を行うために熟考する必要がある」

その中で、パリ・サンジェルマン行きの噂が出たクリスティアーノ・ロナウドの放出は否定。「クリスティアーノは我々の柱だ。ディレクター陣も高く評価している」と同会長は述べた。

「完全な評価を行い、熱意を持って次のシーズンの始まりを迎えなければいけない。全てのピッチで勝ちたいという意欲が必要だ。今年は本当に難しいシーズンだった。一つが変わると困難に直面したが、それでも9連覇を達成したね。我々はそれを誇りに思うべきだ」