ユヴェントス、マンチェスター・シティと若手をトレード

ユヴェントス

ユヴェントスがマンチェスター・シティとの間で若手のトレードを行った。18歳のFWパブロ・モレノを放出し、19歳のFWフェリックス・コレイアが加入する。

ポルトガル人のフェリックス・コレイアは、スポルティングの下部組織で育ったあと、2019年にマンチェスター・シティ加入。その後オランダのAZにレンタルされていた。ユヴェントスと選手の契約は5年間となっている。

ユヴェントスはフェリックス・コレイア獲得に1050万ユーロを支払うが、モレノ放出で1000万ユーロで受け取るとのこと。

ファビオ・パラティチSDはこの日、『スカイ』のインタビューでフェリックス・コレイアについて「1対1に優れた選手で、素晴らしいタレントだ。しばらく前から追っていた選手だよ。我々のセカンドチームのプロジェクト的に、モレノよりも機能する」とコメントしている。

●フェリックス・コレイア紹介動画(『YouTube』)

FELIX CORREIA | Welcome To Juventus 2020 (HD)