アルトゥールとピアニッチのトレードが成立。両クラブが発表

ユヴェントス

ユヴェントスは29日、MFミラレム・ピアニッチがバルセロナへ移籍することを発表した。さらに、MFアルトゥールがバルセロナから加わることも明かされている。

ユヴェントスはバルセロナの発表から数時間後、アルトゥールの獲得を発表した形だ。移籍金は7200万ユーロ+ボーナス1000万ユーロ。これを4年間で支払うことになった。選手本人とは5年の契約を交わしている。

一方、ピアニッチの移籍金は6000万ユーロ+ボーナス500万ユーロと発表された。

 ピアニッチの移籍が正式に発表となる前、マウリツィオ・サッリ監督が記者会見でこの話題に触れた。指揮官は「ピアニッチとは問題ない。移籍が正式に決まったとしても、彼はカルチョが好きで、誠実で賢い。いつも101%を出し切ってくれると確信している」とコメントしていた。