サッリ「ベルナルデスキは過小評価されすぎ。デ・リフトはほかの若手に比べたら苦しんでいない」【ボローニャ対ユヴェントス】

ユヴェントス

ユヴェントスは22日、セリエA第22節でボローニャと敵地で対戦し、2-0の勝利を収めた。マウリツィオ・サッリ監督が試合後、『スカイ』にコメントを残している。『TuttoJuve』が伝えた。

「フィジカル的に我々はより素晴らしかった。もたついたのはラスト20分だけだね。まずは運動量が減っていた」

「ベルナルデスキはここ2試合でも良い動きをしていたし、70分間良いプレーだったね。守備も良かった。彼はいつも過小評価されすぎだし、非難されすぎている」

「デ・リフトの右CBが改善? マタイスはポジションに関係なく、我々のカルチョに適応して成長している。苦しんだが、彼の年齢を考えれば、ほかの選手よりも苦しんでいないくらいだ。彼は強く、明るい未来のある選手だ」

「記者はそれぞれの意見を書くが、チームは首位で、シーズンの特殊な時期に2つの引き分けがあったに過ぎない。あまりに非難されている。できるだけ早く精神的にもフィジカル的にもコンディションを取り戻さないとね」