ユヴェントス、ダニーロ離脱でサイドバックが緊急事態

ユヴェントス

 ユヴェントスがサイドバックに不安を抱えている。24日、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えた。

 22日に行われたコッパ・イタリアでローマと対戦した際、ユヴェントスはダニーロが負傷交代となっていた。23日の検査の結果、右ももの筋肉を痛めていることが判明。20日程度の離脱する見通しだ。

 ダニーロは順調に回復すると、2月26日に行われるチャンピオンズリーグのリヨン戦に間に合うことになる。

 ただし、それまでの期間をどう乗り切るかがユヴェントスにとって重要だ。『TuttoJuve』は、シーズンの最もホットな時期に4人のサイドバックのうち2人しか使えないことは問題だとした。

 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は24日、26日に行われるナポリ戦の先発を予想し、クアドラードとアレックス・サンドロを両サイドに置いている。マウリツィオ・サッリ監督はローマ戦のあと、ブレーズ・マテュイディもサイドバックで起用できると話していた。

 それでも、マッティア・デ・シーリオが万全の状態にならないことを考えると、今後に不安があるのは確か。指揮官はどのような形で緊急事態を乗り切るつもりなのだろうか。

サッリ「ロナウドは印象的。ダニーロは筋肉の負傷」【ユヴェントス対ローマ】
ユヴェントスは22日、コッパ・イタリア準々決勝のローマ戦をホームで戦い、3-1の勝利を収めた。マウリツィオ・サッリ監督が試合後、『Rai』や記者会見でコメントを残している。『TuttoJuve』が伝えた。 ――ローマ戦 ...
タイトルとURLをコピーしました