サッリ「ロナウドは幾度も問題を解決してきた」【ユヴェントス対パルマ】

ユヴェントス

ユヴェントスは19日、セリエA第20節のパルマ戦をホームで戦い、2-1の勝利を収めた。マウリツィオ・サッリ監督が試合後の会見でコメントを残している。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えた。

【ユヴェントス対パルマ】ロナウドが7試合連続得点&ドッピエッタ。インテルと勝ち点4差に【セリエA第20節】
ユヴェントス 2-1 パルマ 【セリエA第20節@アリアンツ・アレーナ】 43分 1-0 ロナウド(ユヴェントス) 55分 1-1 コルネリウス(パルマ) 58分 2-1 ロナウド(ユヴェントス) ▼先発メンバー ▼採点...

「ここ数試合よりもダーティーなゲームだった。もっと早くに勝利を決めるチャンスもあったね。イグアインを入れることでシグナルを送ったが、我々は苦しんだ。苦しみ方を分かっているというのは、数カ月前に比べてポジティブな側面だ」

「ラビオは良くなっている。ラムジーは2、3カ月フィジカルの問題があったが、今は大丈夫だ」

「コルネリウスのゴールシーンでは、こちらが少し引きすぎていた。相手はセットプレーで強力なチームだったね」

「スクデット? 強力な2つのライバルがいる。ラツィオは特に素晴らしい時間を過ごしているね。長く続かないことを祈るよ」

――ロナウドの活躍

「彼はカンピオーネだ。小さな問題が生じることはある。全てが彼のまわりで起こるわけではないからね。ただ、彼は幾度となくそれを解決してきた」

――アレックス・サンドロの状態

「分からない。数分後に痛みがあってプレーを続けられないと言っていた。まだドクターに会っていないからまだ分からない」

タイトルとURLをコピーしました