トリデンテ先発起用を語るサッリ【ユヴェントス対ウディネーゼ】

ユヴェントス

ユヴェントスは15日、セリエA第16節でウディネーゼをホームに迎え、3-1の勝利を収めた。マウリツィオ・サッリ監督が試合後にコメントを残している。『TuttoJuve』が伝えた。

【ユヴェントス対ウディネーゼ】トリデンテで新たな可能性。再びインテルとらえる【選手採点・コメントetc.】
ユヴェントス 3-1 ウディネーゼ 【セリエA第16節@アリアンツ・スタジアム】 9分 1-0 ロナウド(ユヴェントス) 37分 2-0 ロナウド(ユヴェントス) 45分 3-0 ボヌッチ(ユヴェントス) 90+4分 3-1 プッ...

「チャンピオンズリーグのあとのゲームで初めてうまくいった。60分間は最高のレベルでできたね」

「60分間は守備面がうまくいき、相手のカウンターをケアできていた。攻撃面では、要求されたことができていたね」

――ロナウド、ディバラ、イグアインの同時起用
「3人ともフィジカル的にもメンタル的にも良い状態だ。ウディネーゼはすぐに前線を目指すチームだと考え、守備のときは前に余裕が生まれると予想した」

「サッスオーロやレバークーゼンのように、後方から組み立てることが得意なチームはインテンシティの低下したところで余裕が生まれると思う。ドイツで我々がそうしたようにね。今日のように直接的にくるチームはもう少しできる。これは相手の特性によるものだ。その上で、3人全員が良いコンディションにあることが求められるね」

――レバークーゼン戦で活躍したデミラルを連続起用
「デミラルは良くやったね。非常にハイレベルなゲームだった。相手の速攻によく対処していた。今日もすごく良かったよ。とても成長しているし、スピードがあり、アグレッシブさもある。これから全て順調にいくと思っているよ」

――欠場したシュチェスニーは?
「昨日、ジムで問題があった。昨日は軽いものだとみていたが、今朝起きたときも痛みがあった。詳細は明日分かるが、ドクターの最初の見解ではとても小さなケガで、大きな問題ではないと思う」

タイトルとURLをコピーしました