【ブレッシア対ユヴェントス】試合後コメントまとめ【セリエA第5節】

ユヴェントス

24日に行われたセリエA第5節でユヴェントスはブレッシアと敵地で対戦し、2-1の逆転勝利を収めた。試合後の談話は以下のとおり。

◆マウリツィオ・サッリ(『DAZNイタリア』)

「(4-3-1-2で)パスから我々はうまく試合をコントロールした。守備はもっと明確にしなければいけない。このシステムは守備が単純ではなくなるからだ。とはいえ、十分に進歩は見られたし、チャンスもできていたね。開始4分で失点する試合は簡単ではない。良いパーソナリティー、良いパスがあった。あとは守備で大きく進歩していかなければね」

「(4-3-3に戻すのか、このシステムをメインにするのか?)どちらの解決策も必要だ。我々は今、ウイングに問題がある。そして、攻撃的なMFが豊富だ。だから、それを最大限にいかす選択肢を考慮するのはロジカルなことだろう。1カ月後に我々のウイングが全員良い状態になれば、状況は変わってくる。シーズンのタイミングにもよるね。とにかく、2つのオプションを準備しておくことが大切だ」

「ディバラはとても良い試合をした。攻撃面でも守備面でも見事だった」

「デ・リフトは成長段階。我々は少し我慢が必要だ。彼は非常に若く、違うカルチョに取り組んでいる。クリバリはフェノーメノだ。ただ、クリバリですら、最初の2、3カ月は少し苦しんでいた。今起きていることは普通のことだね」

◆ミラレム・ピアニッチ(『DAZNイタリア』)

「早い時間に失点してしまった。でも、僕たちはうまくやったね。僕たちはボールを支配して、勝利にふさわしいプレーをした。もっとゴールを決めるべきだったと思う」

「チームは今、良い姿勢で良いプレーをしている。中盤は素晴らしいね。よくボールが回っている。より相手にとって脅威になって、さらにゴールを決められるようにならないと。僕たちは我慢と冷静さが必要だ。毎年と同じように、議論は起こるもの。僕たちは全ての試合で勝利を目指す。カンピオナートは長い。これを続けていくよ」

◆ドグラス・コスタ(『インスタグラム』)

「どの試合も相手はどうにか僕たちを苦しめようとしてくる。僕たちは準備できているよ。僕たちは最後まで諦めたりしないんだ」

◆エウジェニオ・コリーニ(『DAZNイタリア』)

「ユーヴェとの試合は難しいもの。彼らはプレッシャーがあっても良いプレーをする。我々はよくやっていた。我々もむこうもチャンスもつくっていた。もっと良い結果に値したと思う」

「バロテッリは正しい成熟を見せている。これを続けていけば、チームに大きく役立ってくれるだろう」

【ブレッシア対ユヴェントス】結果・採点etc.【セリエA第5節】
ブレッシア 1-2 ユヴェントス 【セリエA第5節@マリオ・リガモンティ】 4分 1-0 アルフレード・ドンナルンマ(ブレッシア) 40分 1-1 オウンゴール(ユヴェントス) 63分 1-2 ピアニッチ(ユヴェントス) ▼先...
タイトルとURLをコピーしました