ユヴェントス復帰ブッフォン、プレミアからもオファーあった。代理人明かす

ユヴェントス

 ユヴェントスは4日、GKジャンルイジ・ブッフォンの復帰を正式に発表した。シルヴァーノ・マルティーナ代理人がこの決断に至る経緯を明かしている。英『デイリーメール』に対するコメントを『トゥットユーヴェ』などが伝えた。

 41歳のブッフォンは、昨年夏にユヴェントスを退団。フリーとなってパリ・サンジェルマンに加入した。そのパリ・サンジェルマンを1年で去ることになり、様々なオファーが届いている。その中で最終的に契約を交わしたのが古巣のユヴェントスだった。

 マルティーナ代理人は「たくさんオファーがあった。特にプレミアリーグやほかのビッグクラブからだ。具体名は出さない。ただ、それを知られる分に問題はないと考えている」と明かし、さらに続けた。

「ブッフォンは常に自分のハートで決断する。財布を気にしたことはないんだ。ブッフォンのユヴェントスに対する愛情は非常に強い。トリノが彼の家だ。それは彼の家族にとっても非常に重要だね。前任がトリノに住んでいる。41歳で家族が全員そろっていることはとても大切だ」。

タイトルとURLをコピーしました