アッレグリがけん制「インテルは首位に値する。ユヴェントスは4位争い」

【写真】ph.FAB / Shutterstock.com

スクデット候補は3チームと強調

ユヴェントスは26日、セリエA第6節でレッチェと対戦する。マッシミリアーノ・アッレグリ監督の前日会見の模様を『TMW』などが伝えた。

ユヴェントスはサッスオーロに敗れて今季初黒星を喫したところ。アッレグリ監督は、あくまで自分たちが優勝候補ではないとした。

「インテル、ナポリ、ミランは、ほかのチームよりも抜けている。インテルは首位にふさわしいプレーをしているし、我々はチャンピオンズリーグ出場権に入ることが目標だ」

「戦力的にいってスクデットの有力候補が3つある。そして我々は4位以内が狙いだ。ただ、そこにはローマもアタランタもフィオレンティーナもラツィオもいる」

サッスオーロ戦ではミスが響いた。

「ミスについては昨日のミーティングで解決した。技術的に悪い試合だったとは思っていないが、守備が良くなく、ミスがあったことは事実だ」

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
SwG Basic の例
広告