「ボヌッチは良くなかった」。キーン騒動で過ちを認めるアッレグリ

ユヴェントス

 ユヴェントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が、DFレオナルド・ボヌッチの発言は不適切だったと語った。5日の会見の様子を『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えている。

 ボヌッチは2日のカリアリ戦を終えたあと、FWモイーズ・キーンに対する人種差別を擁護するようなコメントを残して非難を浴びた。その後、ボヌッチは誤解があったと説明している。

 騒動についてアッレグリ監督は、「人種差別は決して正当化できない。決してだ」とコメント。「もう一つは選手のアクションだ。私が試合後に言ったのは、キーンのアクションについてであり、私の言葉は人種差別を正当化するものではない。ウディネーゼを相手にして4-0としてのヒールは、敬意を欠くもので、2つの物事は全く別だ」と話した。

 そして、「ボヌッチは試合後、良くない表現をした。しかし、すぐにインスタグラムで説明したね」と話しており、人種差別に対する立ち位置を再度明確にしている。

タイトルとURLをコピーしました