ブレーク中のキーン、かつての師が語る成長の秘訣

ユヴェントス

 ユヴェントスFWモイーズ・キーンは、イタリア代表として歴代2番目の若さで初得点を記録した。『ラ・スタンパ』でかつての師がコメントを残している。

 キーンはユヴェントスのジョヴァニッシミ・ナツィオーニ時代にクラウディオ・ガベッタ氏の指導を受けた。

 現在パルマのU-17を担当している同氏は「彼の飛躍の秘訣は、常に自分よりも大きな選手を相手にしていたことにある」とコメント。「彼の直感は確認が難しい。同年代との物語は一切ないんだ。彼を見てすぐに、カテゴリーを外れた選手と感じた」と語っている。

タイトルとURLをコピーしました