ユヴェントス、マッケニー獲得にアストン・ヴィラ名乗りも本人は…

ドルトムントのオファーを待つ?

ユヴェントスのウェストン・マッケニーは、今冬の移籍が話題になっている。『スカイ』や『トゥットスポルト』は5日、アストン・ヴィラからの関心を伝えた。

両メディアによると、マッケニーに対しては以前からボーンマスが関心を示している。そこにアストン・ヴィラが加わった形のようだ。ニコロ・ファジョーリとファビオ・ミレッティが高く評価されているため、ユヴェントスとしてはマッケニーは放出不可ではないと考えられている。

『スカイ』は、ユヴェントスがマッケニーの移籍金を4000万ユーロに設定しており、これがネックとなってまだ適正額のオファーが届いていないとした。

一方で『トゥットスポルト』は、ユヴェントスの評価額が3000万ユーロであり、ボーンマスに支払う意思があると主張。ただし、選手本人がより高いレベルでのプレーを希望している模様で、具体的にはボルシア・ドルトムントから声が掛かるのを待っているという。ただ、ドルトムントはまだオファーを出していないため、実現の可能性は不明だ。

マッケニーはこの冬にユヴェントスを離れるのだろうか。

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!