注目クラブの新加入選手・退団選手・基本システムなどをチェック!

ユヴェントス下部組織が新体制、モンテーロがU19監督に

目次

U23監督はアタランタからブランビッラを招へい

ユヴェントスは28日、下部組織の新体制を発表した。U23監督はマッシモ・ブランビッラ、U19監督はパオロ・モンテーロが務めることが決まっている。

ブランビッラはアタランタの下部組織で指導者を7年間務めたあとでユヴェントスにやってきた。ランベルト・ザウリの後任としてU23チームを率いることになる。

モンテーロは1996年から2005年にかけてユヴェントスでプレーした元ウルグアイ代表DF。アルベルト・ジラルディーノ招へいも噂されていたが、刺繍的にはモンテーロが古巣復帰を果たすことになった。

モンテーロは「ずいぶん経ったけど戻ってくることができてうれしい。私が一番プレーしたチームだ。街もあの頃と変わらず落ち着いていて、モンテビデオにとても似ている。私を必要としてくれた全ての人に感謝している」と喜び、「必要なのは結果だ。仕事に励まなければいけない。目標は常にクオリティを向上させ、トップチームを視野に入れて選手の成長を促すことだ。そのために努力していく。カルチョをすることは犠牲ではなく、日々の努力だ。それをチームに伝えていけたらと思っている」と意気込みを語った。

●ユヴェントス関連記事はこちら

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次