5/20 アパレル第2弾!

「ロカテッリのゴールで熱気が戻った」ユヴェントス、ローマに死闘の末に4-3で勝利

目次

一時2点ビハインドから逆転成功

ユヴェントスは9日のセリエA第21節でローマと対戦し、4-3で勝利した。アシスタントコーチのマルコ・ラドゥッチが試合後に『DAZNイタリア』でコメントを残している。

立ち上がりに失点したユヴェントスはパウロ・ディバラのゴールですぐに追いついたものの、後半序盤に2失点。厳しい状況になった。

それでも、マヌエル・ロカテッリのゴールで1点を返すと、デヤン・クルゼフスキ、マッティア・デ・シーリオが続いて一気に逆転。その後、マタイス・デ・リフトの退場とPKの危機があったものの、ヴォイチェフ・シュチェスニーのセーブで耐えて、10人で逃げ切りに成功した。

「ロカテッリのゴールがこちらに熱気を取り戻した。そこから挽回できたね」

「攻撃的な試合をしたかったが、少しビビってしまった。後半は少し変えたが、ボールの扱いをあやまって2点目を与えてしまったんだ」

「勝つのは良いことだ。士気を高めて、信念を与えてくれる。ローマが3-5-2でくると思っていたが、時間の経過につれて良くなった。(途中出場の)モラタは非常に強い。レアル・マドリーでプレーした選手であり、今日はとても良い形で入ったね」

[affi id=8]

ハイライト動画

[affi id=12]

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる