5/20 アパレル第2弾!

ユヴェントス、1月のメルカート展望は?

目次

『スカイ』の現時点での予想

『スカイ』が11月11日、冬のメルカートにおけるユヴェントスの動きを予想している。

【ユヴェントス選手名鑑:年俸付き】手取り最高額はデ・リフト、総額はディバラ | カルチョイズム

チャンスをつかむには…

伝統的に1月の移籍市場は、大金をつぎ込む場面ではない。ただ、チャンピオンズリーグで勝ち上がり、カンピオナートでも巻き返しを図るのであれば、後押しとなる新戦力には期待だ。

ただ、新型コロナウイルスの影響で、どのクラブもバランスシートには細心の注意を払う必要がある。ユヴェントスが新戦力を迎えるためには、現有戦力の放出が前提になるはずだ。

ラムジーとラビオ

アーロン・ラムジーアドリアン・ラビオは、放出候補に挙がっているものとみられる。2人は指揮官が能力を高く評価しているものの、期待に応える活躍はできていない。2人ともフリートランスファーでの加入だったため、放出でキャピタルゲインは発生する。高額年俸を節約できるという意味で、移籍金は安く設定できる。2人の放出は、大きな補強に結びつくかもしれない。

ヴィツェルとトゥアメニ

中盤補強で噂されているのが、アクセル・ヴィツェルオレリアン・トゥアメニ。前者は以前からユヴェントスが関心を持っており、マッシミリアーノ・アッレグリ監督も気に入っている。後者はモナコとの契約を2024年まで残す21歳の若手。レアル・マドリーなどのビッグクラブも
関心を持っているだけに、放出なしに獲得に動くことはできないはずだ。

ユヴェントス、トゥアメニ断念で狙うのは… | カルチョイズム

契約延長は順調

パウロ・ディバラフアン・クアドラードの契約延長交渉は順調だ。どちらも時間の問題となっている。ディバラはクラブの象徴となるべく、長期の契約延長に向かっているところ。クアドラードについては、もう少し短い契約になる見通しだ。その後は、フェデリコ・ベルナルデスキ、マッティア・ペリン、マッティア・デ・シーリオの契約について話し合うことになる模様。

ブラホビッチは…

そして、大きなテーマの一つがフィオレンティーナのドゥシャン・ブラホビッチだ。ただ、こちらはアーセナル、マンチェスター・シティ、アトレティコ・マドリーと、ビッグクラブが熱い視線を注いでいる。ユヴェントスが今冬に動くのは不可能とも言われているが、どのような結論が待っているだろうか。

シェアはこちらから!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる