ディバラとモラタはチェルシー&トリノ戦欠場へ アッレグリ「代表ウィーク明けに戻れたら」【ユヴェントス対サンプドリア】

スポンサーリンク
ユヴェントス
スポンサーリンク

ユヴェントスは26日、セリエA第26節でサンプドリアと対戦し、3-2の勝利を収めた。マッシミリアーノ・アッレグリ監督が試合後、『スカイ』でパウロ・ディバラとアルバロ・モラタについて語っている。『TuttoJuve』が伝えた。

サンプドリアに勝利したものの、ユヴェントスは2人のFWを失うことになった。ディバラは前半途中に左ももの筋肉を痛めたようで、涙を流して退いた。後半にはモラタがシュートを打った際に負傷したようで、自ら交代を要求している。

2人について指揮官は「チェルシー戦とトリノ戦に出られないことは確かだろう。それからインターナショナルブレークだ。そこで回復してほしいね」

「ただ、これも長いシーズンの一部だ。今は我々に起こったが、この先別のどこかで起きるだろう。いつもどおりさ。こういったことがあっても、我々は試合をうまくこなさなければいけない。クルゼフスキは今日、代わって入ってよくやった。彼が同じ位置でプレーできるし、インサイドハーフもできるね」