カペッロ「今日のユヴェントスは気に入った」 同業者として「アッレグリが求めていたもの」を感じる

スポンサーリンク
ユヴェントス
スポンサーリンク

ユヴェントスは14日、チャンピオンズリーグ・グループステージ第1節でマルメと対戦し、敵地で3-0と快勝した。ファビオ・カペッロ氏が『スカイ』でこの日のユヴェントスの印象を語っている。『TMW』が伝えた。

セリエAで3試合を終えて未勝利のユヴェントスだが、チャンピオンズリーグで初白星を飾った。この日のユヴェントスは、カペッロ氏の目にも満足だったようだ。

「このチームは気に入ったね。相手はクオリティが高くないが、走ってプレッシャーをかけた。あまり危険な場面はつくられていない。一方でユヴェントスは攻撃で相手に問題を引き起こした」

「シュチェスニーは今夜、2度集中を示す場面があったが、しっかり守った。彼にとって無失点は大きい」

「ナポリ戦でいなかった選手たちの存在は、とても大きいことがはっきりした。そして、注意深さと、欲求の部分が気に入ったよ。素晴らしい集中力だった。それはアッレグリが何よりも求めていたことだろうね」