ユヴェントス、デ・チェーリエが“原点回帰” 下部組織のスタッフとして帰還

スポンサーリンク
ユヴェントス
スポンサーリンク

ユヴェントスは3日、パオロ・デ・チェーリエがスタッフとしてクラブに戻ってきたことを発表した。

34歳のデ・チェーリエは、ユヴェントスの下部組織出身。1996年に入団し、2006年にトップチームデビューを飾った。その後も、ユヴェントスで長くプレーしている。

2018年にセルヴェッテでプレーしたデ・チェーリエは、2020年1月にマイアミ・ビーチに加入。スカウト兼選手として所属していた。

その後現役を引退したデ・チェーリエは、“原点回帰”を果たすことに。ユヴェントスでの新しい仕事は、下部組織のスタッフとのことだ。