ユヴェントス、カイオ・ジョルジ獲得に本腰。サントスに交渉入りを報告か

スポンサーリンク
ユヴェントス
スポンサーリンク

ユヴェントスがサントスのカイオ・ジョルジ獲得に本腰を入れているようだ。『スカイ』や『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

カイオ・ジョルジ争奪戦は、ミランが制したものと思われていた。あとはサントスとミランが交渉をして、この夏に移籍させるか、契約が満了するまでのあと半年を待つかが注目されていた。

しかし、両クラブの交渉が難航しており、ユヴェントスが再び関心を強めている。

『ガゼッタ』によると、ユヴェントスはサントスに対して、カイオ・ジョルジとの交渉を始めたと宣言。獲得の意思があることを伝えたという。

サントスの会長は、カイオ・ジョルジに対して正式なオファーがあったと公にした。ただ、『スカイ』によると、こちらは事実ではなく、ミランからもユヴェントスからも現時点で正式なものはないという。

3クラブの駆け引きの行方はどうなるだろうか。