アプローチに不満のピルロ「わざわざ叩かれることはない」【ユヴェントス対ヴェローナ】

ユヴェントス

ユヴェントスは25日、セリエA第5節でエラス・ヴェローナをホームに迎え、1-1で引き分けた。アンドレア・ピルロ監督が試合後、『スカイ』にコメントを残した。『トゥットスポルト』が伝えている。

立ち上がりに不満

「前半の我々は日和見すぎた。アグレッシブさがなかった。何度かチャンスがあったとしてもね。相手のゴールのあとで目を覚ました。ただ、反応するためにわざわざ叩かれる必要はない」

「今日の試合はデュエルが重要だった。我々はラストパスの選択を間違えたね。もっとうまくやれたことは明らかだろう。ヴェローナはインテンシティが高く、それにより我々はマンツーマンのプレッシャーに対処することになった」

「チャンピオンズリーグとは違って退屈な空気だが、我々はキックオフからもっと激しくいかなければいけない」

ベンチスタートのクルゼフスキが同点弾

「我々は選手を休ませた。交代は一つだけで、あとは若手を入れただけだ。彼はうまく入った」

初先発のディバラには好印象

「ディバラの95分間出場は考えていなかったよ。ポジティブなことだね」

ボヌッチが負傷交代

「ボヌッチはどうなるかみていこう。彼はキエフですでに違和感を持っていた。今日は歯を食いしばっていたんだ」

クリスティアーノ・ロナウド

「彼はディバラともモラタともプレーできる。彼はウイングというよりも、中央の左寄りでいつもプレーしてきた。共存はできる」

「それに今日はキエーザが不在で、ベルナルデスキに時間を与えたかった。ポジションの交換は可能だ。大事なのは、正しく動き、正しいタイミングでカバーをすることだ」