ユヴェントス対ナポリの開催困難に。ユヴェントスが開催主張で、延期orナポリの敗戦?

ユヴェントス

4日夜に開催予定のユヴェントス対ナポリは、通常どおり行われない可能性が濃厚となった。その上で、どういった扱いになるのかも注目されている。

イタリア地方保険局は、ナポリのチーム内で新型コロナウイルスの陽性反応が出ているため、トリノ遠征を禁じた。これにより、ナポリはユヴェントスとの試合に臨むことができない。

ただ、レーガ・セリエAはUEFAのプロトコルを採用しており、チーム内にGK1人以上を含む13人以上の選手がいる限りは試合を行わなければいけないという義務がある。

UEFAに従えば、ナポリは0-3で敗戦という扱いになる。ただ、ナポリの意思で試合を放棄しているわけではないため、延期となる可能性もあり得る状況だ。

ユヴェントスは4日、「ユヴェントスは明日の20時45分キックオフ予定のナポリ戦を日程どおりに戦う予定です」と声明。延期には応じず、予定通りにプレ-する意思を明確にしている。