「ラウタロ加入に決定的だったのはミリート」。サネッティ副会長が語る

インテル

インテルのハビエル・サネッティ副会長が、アルゼンチン『FoX Sports』のインタビューに応じた。その模様を『FcInterNews』が伝えている。

――ラウタロ・マルティネスについて

「彼のような選手を見つける場合、才能の問題だけではない。我々の場合は、ディエゴ・ミリートとの関係が大きかったね。その関係が交渉で決定的だった。彼のポテンシャルがとてつもないことはすぐに分かったけど、我々は私生活の面にも目を向けた。そして今、彼は代表の9番だね」

――ディレクターとして

「ピッチからデスクに移動するのは簡単じゃなかったよ。監督は一切考えなかったね。インテルから副会長就任の話をもらったとき、自分には様々な責任があると感じたんだ」