ルカクの不運を悔やむコンテ「ハードで互角の試合だった」【インテル対セビージャ】

インテル

インテルは21日、ヨーロッパリーグ決勝でセビージャに2-3で敗れた。アントニオ・コンテ監督が試合後、『スカイ』にコメントを残している。『FcInterNews』が伝えた。

「ハードな試合だった。互角の戦いは、一つのエピソードで動く感じだった。我々はいくつかのことがあり、そのあとにロメルに不運があった。そうなると、困難は避けられない。厳しいタイミングだった。選手たちは決勝に慣れた相手に対して、全てを出したね」

「こういった選手たちは、必死に取り組み、最高の形で成長を続けなければいけない。彼らはヨーロッパリーグの決勝まできた。大半の選手にとっては初めての経験だ。多くの若手が、この経験をこれからのキャリアにつなげていく」