カペッロ、シャフタールの守備を疑問視「インテルが決勝に行くと思う」

インテル

ファビオ・カペッロ氏が『トゥットスポルト』のインタビューでヨーロッパリーグについて話した。『FcInterNews』が伝えている。

インテルは準決勝でシャフタールと対戦する。この一戦についてカペッロ氏は「インテルが決勝に行くと思う」と述べ、次のように続けた。

「シャフタールはとても良いカルチョをするチームだ。中盤から前線にかけてクオリティが高い。ただ、守備はどうだろう。インテルはいま、守備がしっかりしていて、攻撃ではルカクにボールが収まり、違いをつくっている。ラウタロとはとても良い関係で、彼の破壊的なフィジカルがさらにいきているね。だから、彼はイタリアでの生活がより楽になっているのだろうと言わざるを得ない。彼のフィジカルを止められる、同等の強さを持ったDFがいないのだからね」

また、同氏はイタリアとヨーロッパの強豪の差にも触れている。

「結果が物語っているね。顕著な違いがある。まずはジャッジについて。イタリアのレフェリーは、あらゆるコンタクトプレーで積極的にイエローカードを出すという事実がある。これにより、フィジカル的なカルチョをする機会を放棄した。そこで技術的なカルチョとなり、その道を進もうとしているが、ゆっくりだ。遅いのだよ」

「フィジカルに乏しく、技術はおくれている。チャンピオンズリーグのほかのチームのパスを見てほしい。すごくスピーディだろう。ボールは時速2000kmで走り、ショートパスを動かし続ける。我々のボールはどうだろうね」