「蘇寧はメッシを獲得できる」「ルカクについては私が間違えていた」。モラッティ氏が語る

インテル

元インテル会長のマッシモ・モラッティ氏が、14日付『QS』のインタビューに応じた。『FcInterNews』が伝えている。

インテルは最近、バルセロナFWリオネル・メッシの獲得が噂されている。モラッティ会長が獲得を夢見た大スターだ。

「私はいまや、単なるティフォーゾの一人だ。言えない情報なんて持っているわけがないね。ただ、知っていることは一つある。財力、能力の面で、蘇寧がレオをミラノに連れて行けるということだ」

ヨーロッパリーグではロメル・ルカクが圧巻のパフォーマンスを見せている。

「ルカクについては私が間違えていたよ! 正直フィジカルだけなんじゃないかと思っていたし、イカルディのことを後悔するかもと恐れていた。カンピオーネであるだけじゃなく、いつも味方を助けている。プレーのビジョンもある。コンテは獲得の意思を隠さず、さらに向上させて良くなった」

アタランタとユヴェントスはチャンピオンズリーグから敗退した。しかし、2つのケースは違うとモラッティ氏は考えている。

「ムバッペはガリンシャを思い起こさせるね。ペレのパートナーだった。ネイマールはしばらくプレーしておらず、全体にわたってプレーしてきた。だから、パリ・サンジェルマン相手の負けは何も不名誉ではないね」

「ユーヴェ? んー、パリ・サンジェルマンに敗退に追いやられるのと、フランスで7位のチームにやられるのとでは違う。正直、比較はない。アドバイスもない」

「インテルはチャンピオンズリーグを再び制するのに、45年間待たなければいけなかったよ」