「選手をとがめることはできない。勝利に値した」。ヴェローナ戦振り返るコンテ【ヴェローナ対インテル】

インテル

インテルは9日、セリエA第31節でエラス・ヴェローナと対戦し、敵地で2-2と引き分けた。アントニオ・コンテ監督が試合後、『スカイ』でコメントを残している。『FcInterNews』が伝えた。

終盤の失点で追いつかれて勝ち点2を逃した形のインテルだが、コンテ監督は前節のような怒りはないようだ。

「正直、責任感や気持ちといった面で、選手たちを非難することはできない。ハイテンポを最大の武器とする相手と戦ったが、我々は今日、あらゆる場所でしっかり反応できた。もちろん、ラスト5分で失点して勝ち点を逃せば、悔しさが残るのは当然だ。ただ、選手をとがめることはない。勝利に値する内容だった」

――1試合の中で継続性がない。

「特定の状況下でもっとうまく対処しなければいけない。経験がそれを磨くところもあると思う。簡単にトラブルに巻き込まれることが多い。ヴェローナは後半、ゴールを決めたときしかシュートを打っていない。我々は練習を重ねていて、建設的に改善の道を探っている。選手たちもそれを理解していて、もっとうまくやろうと考えている」

――インテルの向上に必要なものは?

「答えない。明日滅多打ちにされてしまうからね。何か言うべきことがあるなら、シーズンが終わるときに私がクラブに言う。誰だって勝ちたい。だが、そこにどれだけ近いのかは理解しなければいけない」

――サンチェスは来シーズンも?

「次の話は興味がない。いまやっているカンピオナートがあり、その後で私とクラブが評価する」

タイトルとURLをコピーしました