妥当な勝利と主張するステッリーニ助監督「何度もチャンスをつくった」【パルマ対インテル】

インテル

インテルは28日、セリエA第28節のパルマ戦で2-1の逆転勝利を収めた。アシスタントコーチのクリスティアン・ステッリーニが、試合後に『スカイ』でコメントを残している。『FcInterNews』が伝えた。

「私から見て、この結果はふさわしいものだ。何度もチャンスをつくった。パルマはカウンターで脅威となることは分かっていたよ。我々はうまくやったが、あちらがゴールを決めた。ただ、我々は試合をつくり、チャンスをつくった。最終的にこの勝利はふさわしいものだ」

――トレクァルティスタを置いてからルカクとラウタロのコンビがふるっていない。

「たしかに、我々はいつも2トップではない。ただ、それは試合ごとに変えていくものだ。我々はいくつかのことを変え、まだ成長しなければいけない。ただ、チャンスはつくれている。サイドからもトップ下からも、交代選手もだね」

――エリクセンの起用で中央の守備がおろそかになるリスクがある。

「我々はまだ向上しなければいけない。即座に適切なバランスを見つけられるとは思っていない。我々は前を見ている。ただ、今夜は勝利に値した」

タイトルとURLをコピーしました