インテル、デンマーク若手CFの買い戻しは見送りか

インテル

インテルは24日、サッスオーロと対戦する。この一戦とは別に、両クラブが話し合うことになるかもしれない。『FcInterNews』が伝えた。

インテルが検討すべきは、FWイェンス・オドゴールの獲得だ。

デンマーク人のオドゴールは、インテルの下部組織出身で2018年にサッスオーロへ移籍。今シーズンはオランダのヘーレンフェーンにレンタルされている。

インテルはオドゴールを放出した際、買い戻しオプションを付けた。この期限が6月いっぱいとなっており、連れ戻す場合には1500万ユーロを支払う必要がある。

21歳のオドゴールは、今季エールディビジに24試合出場して7得点を決めている。ただ、現時点でインテルが選手の関係者と接触しているという話はなく、オプション行使の可能性は低いかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました