コンテ「勝つ義務があった。負ける余裕はない」【インテル対サンプドリア】

インテル

インテルは21日、セリエA第25節延期分のサンプドリア戦をホームで戦い、2-1の勝利を収めた。アントニオ・コンテ監督が試合後の会見で話したことを『FcInterNews』が伝えている。

「今日は勝つ義務があった。首位と勝ち点6差にするためにね。チャンスをいかしきれていれば、もっと簡単に試合を運べたかもしれない。ただ、大丈夫だ。最高の試合をしてくれた。トゥール・ドゥ・フォルスの始まりに大きなことができた事実は、みんなにとって重要だ」

――エリクセンについて

「我々は新しいソリューションを使い続けなければいけない。そして、チーム全員の回復にも努めなければいけないね。クリスティアンがいることで、我々はフィジカル的にも戦術的にも、より時間をかけることができた。ただ、彼もさらに向上して、狡猾になり、ゴールも決めてもらわなければいけない。とはいえ、満足しているよ。また中2日で試合だ」

――インテルはタイトルを目指していくのか

「我々には希望もあるし、欲求もある。最高の形でシーズンを終えたい。あと12試合で勝ち点6差だ。ミスは許されないね」