インテル、キエーザ獲得でユヴェントスを出し抜けるか!? マロッタが持つの3枚のカード

インテル

インテルはフィオレンティーナのフェデリコ・キエーザ獲得の可能性を探っている。『トゥットスポルト』が15日に伝えた。

ユヴェントスとインテルが関心を示すキエーザ。同紙によると、インテルは昨年夏に比べてユヴェントスよりもキエーザ獲得に近づいている確信を持っているとのこと。

その理由の一つがガエターノ・カストロヴィッリ。インテルはカストロヴィッリ獲得のため、クラブ間で何度も接触をしており、関係性を深めた。1月にクリスティアン・エリクセンを迎えたことでカストロヴィッリ獲得は遠ざかったが、キエーザ獲得に向けた武器を持っていると信じている。

インテルのジュゼッペ・マロッタCEOは、3つのカードを持っている。経済的流動性、トレード要員、そしてロッコ・コンミッソ会長がユヴェントスとの取引を望まないという点だ。

インテルはこの夏、マウロ・イカルディの放出に動いているほか、ラウタロ・マルティネスのバルセロナ移籍もあり得る。これにより、メルカートに投じることができる資金は調達可能だ。

また、フィオレンティーナに提案できる選手も複数いる。現在レンタル中で定位置を獲得したダウベルト、そしてカリアリにレンタル中のラジャ・ナインゴランが挙げられる。ここに3000万ユーロを上乗せするという条件だ。また、ロベルト・ガリアルディーニ+若手2人という案もあるとのことだ。

タイトルとURLをコピーしました