サントン「憧れはマイコンだけど、カカーにも…」

インテル

ローマのDFダヴィデ・サントンが、クラブの公式チャンネルでコメントを残した。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』や『FcInterNews』などが伝えている。

サントンは昨年夏に移籍の可能性が伝えられていたが、2019/20シーズンはコンスタントにプレーしており、2022年までとなっている契約を延長するかもしれない。

同選手は「夏はメルカートの噂がさんざん出ていたね。でも、僕はずっと残ることを望んでいた。ここでいい感じだ。我が家のように感じるし、家族もそうだね。出ていく理由がないんだ」と語った。

イタリアは新型コロナウイルス感染者が多く確認されている。中でもロンバルディア州の被害が突出している状況。サントンは古巣インテルの元チームメートのことも気に懸けていると述べ、当時のアイドルについても話した。

「憧れの一人がマイコンだった。ただ、カカーにインスピレーションを受けた時期もあったね。カンピオーネはみんな好きってことだね」