バストーニ「大きな飛躍が恐かった。10年後はカピターノに」

インテル

インテルのDFアレッサンドロ・バストーニが『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューを受けた。27日の紙面で紹介されている。

インテル絵文字連想クイズでチャン会長がサネッティをブロック!? 難問に挑戦
インテルがクラブの公式SNSで連想クイズを出題した。これにハビエル・サネッティ副会長が回答したが、思わぬ展開となっている。『FcInterNews』が取り上げた。 インテルがSNSに投稿したのは、次の画像。絵文...

――UEFAの有望な若手50人にイタリア人で唯一選出された

「名誉なことだね。犠牲を払って取り込むことでだけ応えることができる。でも、今はさらに求められるものが高くなっているよ。誰に? ティフォージもそうだし、コンテもだ…」

――より恐れていたことは?

「コンテからプレシーズンの合宿前に連絡がきた。15分間電話をして、『何を心配しているんだ。君がインテルにいるということは、ちゃんと理由がある。すぐに理解するだろう。私が望んだから、君はここにいるんだ』と言われた。大きな飛躍をするのが恐かったんだ。それから、名前は関係ないと理解した。チームメートはみんな僕と同じで、長所も短所も持っているものだったよ」

――ジェノヴァでデビュー

「いろいろな感情を持って一週間練習に取り組んだ。コンテには何も言われていなかったよ。監督は僕を15年前からインテルにいる選手のように扱った。それが彼のすごさでもある」

――ベルガモの下部組織で育った。新型コロナウイルスが最も猛威をふるっている地域の一つ

「たくさんの友達がそこにいる。直接的に誰もかかわっていないことが幸運だね」

――今シーズン中の再開を望んでいる?

「できるだけ早くピッチに戻りたい、というのが、僕の希望であり、僕たちの希望だ。でも、まずはみんなの健康だ」

――隔離中の過ごし方は?

「シュクリニアルと電話をしたり、エスポジトとプレステで遊んだり。一緒にFIFAをやったよ。彼と2トップを組んだんだ。一番強いのは? もちろん僕だよ。一番ひどいのは(アタランタ時代のチームメートであるMFフィリッポ・)メレゴーニだけどね」

――ポジティブな側面を考えよう。あなたにEURO出場のチャンスが出てくるかもしれない

「そのことを考えない、不可能だって言うのは愚かだね。イタリア代表のユニフォームはみんなのもので、誰にとっても夢だ。それは僕にとってもだね」

――それが次の目標?

「違うよ。僕の目標はインテルにある。ここで何かを勝ちとりたい。プレーに戻ることになったら、僕たちはいくつかのものを争う立場なんだ」

――君がここにいるのは、誰のおかげ?

「家族、僕をアタランタに導いたミノ・ファヴィーニ、アタランタのジョヴァニッシミ・ナツィオナーリの監督であるジャンルカ・ポリスティーナ。それにアニェーゼだね」

バストーニが95番を着るワケ「兄との約束」
 インテルの若手DFアレッサンドロ・バストーニが、『インテルTV』にコメントを残した。その中で、背番号95をつける理由を明かしている。 「シンプルな話なんだ。初めてアタランタのトップチームから声が掛かったとき、兄と約束したんだ...

――詳しく教えてくれる?

「一番仲の良い女友達だった。2015年に事故で亡くなったよ。そのとき僕はそこにいなくて、U-17でブルガリアへ行っていた。家族も友達もいなくて気持ちの整理がつかず、世界が崩壊したようだった。(故郷の)ピアデーナは人口3000人の小さな街で、周囲との絆が強かった。そこから立ち上がった。その経験が僕を強くした」

――父もサッカー選手だった。どのような関係?

「口うるさいタイプだったよ。何度も何度も直されて、僕は怒りっぽくなった…。父は僕に自分のキャリアを超えてほしいと思っていた。Aでデビューした今も口うるさいのは変わらないね。でも、今は父に反論もできるよ」

――サッカー選手になっていなかったら?

「学校で優秀だったんだ。マントヴァの科学系の高校を出て、スポーツ科学を学び、ゆくゆくはアスレチックトレーナーになったと思う」

――好きな選手

「チアゴ・シウバとサムエル。彼ら2人をミックスしたような選手になれたらいいね」

――チアゴ・シウバ&サムエルorステフィン・カリー。どっちとディナーしたい?

「絶対にカリー。NBAが大好きなんだ。彼のために夜中に起きるくらいだ。彼の態度が好きだよ」

エスポジト「憧れのミリートのようになりたい」。ルカクに譲られたPKについても語る
インテルのFWセバスティアーノ・エスポジトが、ティフォージからの様々な質問に答えた。その模様を『FcInterNews』が伝えている。 「チャオ、みんな。僕は元気だ。隔離されていることをのぞけばね」 ――トップに立つために必要な...

――最近、君の価格が3100万ユーロだという話が出たけど…

「心配していないよ。僕のインテル行きが決まったときのこと知ってる? 代理人のティンティにパルマのアウトグリル(ファミレスチェーン的なところ)に呼び出され、車を降りるときに、『インテルに行…』と言い終わる前に『うん、うん。行こう』って応えたんだ。3100万ユーロなんて聞いたのはそのあとだ」

――カルチョの嫌いなところは?

「選手は無知で上っ面だけで行儀が悪いというイメージが一般的になっていることだ。それはほかの人よりもニュースになる同業者のせいだね…」

カッサーノ、ガットゥーゾを絶賛「平凡なチームでミラクルを起こしている」
 元イタリア代表のアントニオ・カッサーノが、ミランを率いるジェンナーロ・ガットゥーゾ監督を称賛した。『スカイ』のインタビューで語っている。  ミランは現在、チャンピオンズリーグ出場権争いの真っ最中。最近の不振もあり、今季終了後に再び監...

――10年後のあなたは?

「インテルにいる。いくつかのトロフィーをすでに手にしてね。そしてカピターノになれていたらと思うよ」