コンテ、ルカクの存在に満足。エリクセンは「ポジティブ」と語るも「もっと溶け込まなければ」【ウディネーゼ対インテル】

インテル

インテルは2日、セリエA第22節ウディネーゼ戦に臨み、敵地で2-0の勝利を収めた。アントニオ・コンテ監督が試合後、『スカイ』にコメントを残している。『FcInterNews』が伝えた。

【ウディネーゼ対インテル】新戦力全員先発、リーグ戦4試合ぶり白星。ユヴェントスと3差【セリエA第22節】
ウディネーゼ 0-2 インテル 【セリエA第22節@ダチア・アレーナ】 64分 0-1 ルカク(インテル) 71分 0-2 ルカク(インテル) ▼先発メンバー ▼採点(『FcInterNews』) GK パデッリ 6....

――エリクセンについて

「5日前に来てセリエAデビューした選手だ。センシ、ガリアルディーニ、ボルハ・バレロが不在で入り、ポジティブだったと思う。我々のプレーにもっと溶け込まなければいけないが、パーソナリティは示した。こういった試合でプレーすることで適切なリズムをつかまなければいけない。ただ、私は彼に満足している」

「ウディネーゼは優れたチームだ。とても注意深く、カウンターを狙ってきた。全員が自陣に下がっていたね。それは初めてのことじゃない。ほかのチームも我々に対してやってきた。だからこそ、チームのクオリティをさらに高めることでより解決策を増やせる。勝利は妥当な結果だ。簡単ではなかったが、守ることしか考えていなかったラスト10分を除いて満足しているよ。攻撃は最大の防御だ。最後までプッシュしなければね」

――ルカクの活躍

「彼は素晴らしいクオリティを持っている。今日は彼のベストパフォーマンスではなかった。2ゴールはアタッカーにとってとても重要だが、彼はもっとできるし、やらなければいけない。ただ、我々にとって非常に重要だ。全員とうまくフィットしている」

――ハンダノビッチはダービーに間に合うか

「ドクターに聞かなければいけない。7日間ある。もちろん、メディカルスタッフは回復を目指していく」

「パデッリに満足している。必要としたときに準備を整えていてくれる。このグループを高く評価しているよ。私は全員が反応してくれると分かっているんだ」

――今日のインテルはユヴェントスに近づいた

「こういったチームは、交代選手の大事だ。今日は20歳と17歳が先発した。我々は今と未来、両方に向けて取り組んでいるんだ。途中から入った選手は影響力を持ったね。ブロゾビッチは結構重めのねんざをしていたから心配だった。アレクシス・サンチェスはコンディションを上げているところだ。なるべく早く戻ってもらいたいね」

――ベシーノも戻ってきた

「最後の日に私は断ったFWたちの名前を聞いたよ…。我々はインテルだ。メルカートの最終日に全てを聞く。マティアスのことは高く評価しているよ。私のもとで彼はずっとプレーしてきた」

タイトルとURLをコピーしました