インテル移籍消滅のジルー、ラツィオ加入が目前に

インテル

 チェルシーのFWオリビエ・ジルーは、最終的にラツィオの一員となるようだ。『Rai』が30日、「目前」と伝えるなど、イタリア複数メディアが伝えている。

 インテルへの移籍がなくなったジルーに対して関心を示したラツィオは、すでに選手の合意を取りつけた模様。2024年6月までの契約で話を進めているところで、あとはチェルシーの合意を取りつけるだけという状況だという。

 その交渉も順調に進んでいるものとみられている。『GianlucaDiMarzio.com』によると、ラツィオが提示した条件はレンタル料100万ユーロを即支払い、完全移籍時に500万ユーロ+ボーナス100万ユーロを上乗せするというもの。インテルは同選手の獲得に再び参入する意思はない模様で、このまま決着へ向かうことが予想されている。

インテル、ジルー獲得は見送りか。メルテンス獲得に動く?
 インテルはチェルシーFWオリビエ・ジルーの獲得を見送る可能性が高まっている。その一方でナポリのドリース・メルンテス獲得を考えているようだ。『FcInterNews』などが28日夜に伝えた。  1月の移籍市場でジルー獲得が目前...
タイトルとURLをコピーしました