インテル、エリクセン獲得は発表せず。28日にずれ込む理由は…

インテル

 インテルは27日、トッテナムからデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンを獲得したことを発表しなかった。『スカイ』によると、28日にずれ込んだとのこと。「大々的な形で発表するための準備をしている」ことがその理由だという

 今シーズンいっぱいでトッテナムとの契約が満了となるエリクセンに目をつけたインテルは、早い段階で交渉に入り、選手の合意を得た。その後、インテルは契約が残り半年のエリクセンを冬に引き抜こうとトッテナムと交渉を開始。ただ、トッテナムは一切値引きに応じず、クラブ間の交渉が難航していた。

 それでも、最終的にはインテルが折れる形でトッテナムの要求額を用意。『スカイ』などの報道によると、移籍金として2000万ユーロ(1800万ユーロ+200万ユーロ)を準備したほか、トッテナムがエリクセンの前所属クラブであるアヤックスに支払う5%の上乗せ分(100万ユーロ)も持つことになっている。さらに、両クラブでフレンドリーマッチを行う際に、その収益をトッテナムが得るという条件もついたようだ。

▼27日の動き

エリクセンがミラノに到着。メディカルチェック開始
 デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが、まもなくインテルの一員になる。イタリアメディアが27日、同選手の動きを伝えた。  エリクセンは27日午前10時頃、ミラノ・リナーテ空港に到着。多くの報道陣に囲まれてクラブが用意した車に...
エリクセン、メディカルチェック第一段階終了
 インテル加入が目前となっているクリスティアン・エリクセンが、CONI(イタリアオリンピック委員会)に向かった。『スカイ』が伝えている。  27日午前にミラノに到着したエリクセンは、ウマニタス病院でメディカルチェックの第一段階...
エリクセン、残すは契約延長へのサインのみ
 クリスティアン・エリクセンのインテル移籍決定まで、あとは契約書へのサインを残すのみとなった。『スカイ』などが27日の動きを伝えている。  病院でのメディカルチェックを終えたあとにCONIへ向かったエリクセンは、現地時間15時...
タイトルとURLをコピーしました